懸賞を検証するブログ

コスメと日常(懸賞)について書いていきたいです。懸賞で頂いたものの感想を書いたり、当選を目指したりしてます。モニターもやらせて頂いてます!ただ、全顔の写真はNGです><

物撮りシートDIYチャレンジ

最近ずっと寒いですね。

 
手袋が手放せないです。
 
さて、今日は何故か気分が乗った勢いで物撮りシートをDIYしたので、その様子と感想をブログに書いていきます。
 
物撮りシートとは、写真の背景になる柄のシート(板)のことです
 
こちらのサイトさんを参考に作りました↓
 
まず、ダイソーでPPシートとリメイクシート(大きなシールみたいなもの)を購入しました。
 

f:id:maki3san:20171226220300j:plain

 
PPシート(板)は文房具コーナー、リメイクシートはガーデニングコーナーの近くに置いてありました。
 
PPシートは半透明で触るとざらざらしています。
 
リメイクシートには大きいサイズと小さいサイズの二種類があって、今回私は小さいサイズの大理石柄、大きいサイズの板壁風柄を購入しました。
 
さて、ここから物撮りシートをどう作るかと言いますと、単純にリメイクシートをPPシートの大きさに合わせてカットしたものを
 

f:id:maki3san:20171226220344j:plain

 
 
貼り付けるだけです。
 
 
 
スマホの保護シールを貼るかのごとく、貼っては剥がし、貼っては剥がしを繰り返す細かな作業の末、大理石柄の物撮りシートが完成しました。
 

f:id:maki3san:20171226220943j:plain

 
大雑把な性格だと大雑把な出来(途中空気が入っている)になって自分が作った感じがして謎の愛しさが出てきます笑
 
大理石柄で撮った写真はこんな感じです。
 

f:id:maki3san:20171226221014j:plain

 
素敵な背景です
 
PPシートは両面あるので、大理石柄の裏側に板壁風柄のシートを貼り付けました。
 

f:id:maki3san:20171226221204j:plain

 
板壁風シートで撮った写真はこんな感じです。
 
 

f:id:maki3san:20171226221310j:plain

 
 
板壁風柄のリメイクシートは大理石柄の物より大きいので、大きいサイズPPシートいっぱいに貼れちゃいます。
 
なので、大きな物を撮影する時は大活躍の予感です❀.(*´▽`*)❀.
 
二種類の背景が増え、かかった費用は税込324円です。
 
インスタに小物の写真をアップする方はすっごく簡単ですし、DIYしてみてはいかがでしょうか(・∀・)
 
そしてダイソーさん、是非ともタイル柄のリメイクシートも開発して頂けると嬉しいです><
 
 
 
 
ついでですが、この記事が年内最後の記事になると思います。
 
皆さん良いお年を!

ラストレシピ感想(+私事)

じつは11月の頭に久光製薬株式会社さまのサロンパスpresents 映画「ラストレシピ」公開記念キャンペーンに当選し、「[B賞]:ラストレシピ劇場鑑賞券」を頂いており、つい先日映画を鑑賞してきましたので、その感想をマイルドなネタバレありで書いていきます。

 

f:id:maki3san:20171218001638j:plain

 

嵐の二宮くんが印象的な鑑賞券です。

 

f:id:maki3san:20171218001814j:plain

 

鑑賞後の鑑賞券です。

 

私は鑑賞券の様子と、ラストレシピのあらすじが書いてあるチラシを読んで勝手に「ああ、二宮くんがめっちゃ料理する話なのかな~」とぼんやり思っていたのですが、実際のところ違いました。

 

ラストレシピは二宮君が料理する姿を堪能する目的で観る映画ではございません。(以下マイルドにネタバレ込で感想を書いていくのでネタバレ気にする方は読まないことを推奨します。)

 

登場人物の名前をしっかり覚えていないので、俳優さんの名前や役柄の名前をあげてざっくりあらすじを説明するなら、ある伝説のレシピを再現してほしいと頼まれた二宮君が、そのレシピがどうやってできたのかを調べるお話です。

 

話の核となる部分は二宮君がレシピをどう再現するかではなく、伝説レシピがどうやってつくられたのかというところなのです。

 

伝説のレシピができていく過程を描いた作品でした。

 

二宮君が再現を頼まれたレシピを作り出した人物というのが天才料理人役の西島秀俊さんであり、西島さんがいかにしてレシピを考え、完成させていったのかを二宮君は知ることになるのです。

 

天才料理人である西島さんは本当に本当に苦労しながらレシピを作り上げていきます。

 

そして完成したレシピが辿った数奇な運命が最後に判明し、そのレシピの運命を二宮君がどう受け止めるのかが最大の見どころです。

 

壮大なヒューマンドラマでしたね。私は感動しましたし、映画館では周りから鼻をすする音が聞こえてきました(笑)

 

そして私は初めて二宮君の演技を見たのですが、彼演技上手ですね~。びっくりしました。

 

連ドラに何本も出てるのは知っていましたが、なるほど、これはオファーくるのも納得!な演技力でした。

 

他の女優さんと俳優さんの演技もすばらしかったです。

 

また、ラストレシピにはおいしそうな料理がいくつも登場するので、鑑賞する前にお腹をいっぱいにしておいた方が絶対いいです。

 

私は鑑賞後にすっごくお腹がすきました笑

 

料理している音も映像として流れるので・・・おいしいもの食べたくなること間違いなしの映画です。

 

ヒューマンドラマがお好きな方におすすめです。

 

ステキな時間をありがとうございました!

 

映画のHPのURLを貼っておきます↓

映画『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』公式サイト

 

 

 

ここからは私事ですが、このブログを初めてから一年が経ちました。

 

飽き性で続くことが珍しい私ですが、懸賞とブログは楽しみながら続けられています。

 

これもブログを読んで下さる方、モニターや懸賞に当選させていただいている企業様、サイト様のおかげです。

 

ありがとうございます。そして、これからもよろしくお願いします

 

 

美容液生まれ!MiMC ミネラルクリーミー ファンデーション

新しい製品を使って新しいメイクに挑戦するのって凄く楽しいですよね。
 
特に、自分が普段使わないタイプのアイテムを試す時はわくわくしませんか?
 
私は使ったことのない製品の使い心地を想像している時も、わくわくするし楽しいです。
 
今日紹介させて頂くのは、美容液にカラーを加えてファンデーション機能をもたせるという逆転の発想から生まれたクリームファンデーション「MiMC ミネラルクリーミー ファンデーション」です。
 
 

f:id:maki3san:20171129224301j:plain

 

MiMC ミネラルクリーミー ファンデーション

 
商品紹介
 
・11種類の植物美容エキスの力で一日中保湿とエイジングケア!
 
・納得のカバー力でありながら汗に強く崩れにくい!
 
・カバー力とスキンケア効果を両立!ミネラルファンデーションには珍しいクリームタイプ!
 

f:id:maki3san:20171129224324j:plain

 
ケースとリフィルが別売りになっているタイプです。
 
ケースがスタイリッシュです。リフィルが別売りなので、例えば日焼けして色が黒くなりがちな夏と、日焼けしない冬とで違う色のリフィルを購入すると、リフィルの交換だけで同じファンデーションが使えるので、何個も色違いのファンデーション買って嵩張らずに済むところが、良いと思いました。
 
こちらが化粧下地を塗った状態の私の肌です。
 

 

f:id:maki3san:20171129224451j:plain



 
こちらがMiMC ミネラルクリーミー ファンデーションを使用した私の肌です。
 

f:id:maki3san:20171129224421j:plain

 

私は小鼻の黒ずみが気になっているのですが、厚塗り感なく綺麗にカバーしてくれました。
 
毛穴もカバーして肌を均一にみせてくれます。
 
伸び方はやはりリキッドファンデーションとは違いますが、よく伸びると思います。
 
手の甲に少量伸ばした様子です。
 
MiMC ミネラルクリーミー ファンデーション未使用
 
 

f:id:maki3san:20171129224641j:plain

 
使用
 

f:id:maki3san:20171129224721j:plain

 
 
わりとマットめなのが伝わるのではないかと思います。
 
また、美容液から作られただけあって保湿力が高く、しっとりします。
 
冬にぴったりですね。
 
加えて、化粧持ちも良く、お昼にパウダーで軽くお直しするだけで一日中しっとり感を失わずに過ごせます。
 
かぴかぴにならないの、凄いですよね。
 
肌に優しくて乾燥しないファンデーションをお探しの方、化粧崩れが気になる方におすすめです。
 

 詳しくはこちら↓ 

MIMC ミネラルクリーミー ファンデーション

 

※ブログモニターとしてMiMCさまに製品をお試しさせて頂きました。

 

モニターするならこちら↓

http://rashiku.co.jp/